専門学校生、浦添看護学校生との交流会


6月15日金曜日、浦添看護学校の学生さんたちが来て、
本校の専門学校生と交流会を行いました。


最初に、看護学校の学生さんが、「インフルエンザ」と、今、流行している「はしか」について、
どういう病気なのか、かからないために何に注意したらいいのか、教えてくれました。


そしてまず、正しい手の洗い方を教えてもらいました。


特別な光を当てると、どこがまだ汚いかがわかります。


次に、マスクの正しいつけ方も教えてもらいました。


最後に、グループに分かれて、話をしました。

外国人が日本で生活するとき、病気になったとき、病院に行くとき、
どういうことで困ったか、何があったほうがいいか、
自分たちが日本で経験したことを話しました。


いろいろな話をして、とても楽しい時間が過ごせました。

浦添看護学校の皆さん、ありがとうございました。